概要

短縮URLとは

短縮URLとは字数制限のあるサービスを効率よく利用するために、長いURLを短縮し、短いURLにすることです。

どこが便利なのか

Twitterやインスタントメッセージなどでは入力可能な文字数の上限は(全角・半角合わせて)数十文字から100文字強程度と少なく設定されている。たとえば、Twitterでは140文字以内に制限されている。このため、場合によっては60文字を超えるような長大なURLを短縮することは、限られた文字数への対策として有効である。

ヤフーのURLだと

http://www.yahoo.co.jp/」なので23文字ありますが0n.gsで短縮すると「http://0n.gs/y/」になり15文字まで短くなります。

グーグルのURLだと

http://www.google.co.jp/」なので24文字ありますが0n.gsで短縮すると「http://0n.gs/g/」になり15文字まで短くなります。

ウィキペデイアの短縮URLについて書かれたページだと

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%AD%E7%B8%AEURL」なので50文字ありますが0n.gsで短縮すると「http://0n.gs/w/」になり15文字まで短くなります。

短所は?

0n.gsの場合は、301リダイレクト機能によって実現している。つまり技術的には難しくないため、他の目的も兼ねて実現することも簡単である。そもそもユーザーにとって短縮URLだけでは、本来のURL(飛び先)がわかりにくいことが最大の欠点である。